中学受験をしないで、ふつうの中学校に入学させるのもひとつの教育の手です。そのことについて書いてみました。

中学校受験をしないという選択

中学校受験をしないという選択

中学校受験をしないという選択 中学受験は何のためにするのでしょうか。子供の将来のためでしょうか。しかしもし勉強以外に打ち込めるものがあるのであれば、ふつうの中学校に進学させるのもひとつの手です。中学受験に成功すれば、将来いい大学に進学することもでき、さらにその先の安定した就職先に勤めることができるようになるかもしれません。しかしそれは高校受験でも大学受験でも、別に遅いことはありません。要は何らかの明確な目標もなく、ただ闇雲に将来のためという言葉を使って、中学受験という判断選択をするというのは、早計なのではないでしょうか。

中学受験をするならば、それは単なる手段であってはならないはずです。中学受験というものは、遊びたい盛りの小学生にとっては、おそらくかなりつらい経験になるはずです。周りの友達は遊んでいるのに自分は勉強をしなければならないというのは、試験以上の試練かもしれません。中学受験は将来のためにすることではなく、それ自体がひとつの目的なのです。厳しい試練を乗り越えようとする目的なのです。だからこそ、勉強以外に打ち込めるものがあるのであれば、そちらに注力をさせた方がよい筈です。そうした打ち込めるものと同じように、中学受験も考えるべきなのです。

Copyright (C)2014中学校受験をしないという選択.All rights reserved.